上棟

2014.02.02

あっと言う間に一月も終わりましたが、
箕面桜井の2世帯住宅は無事上棟し,
検査機関による中間検査も問題なく完了しました.

建売住宅ではだいたい2日で組上げるようですが,
今回は規模が大きいのことと比較的複雑な架構のため,
3日間の建方となりました.
私は1日目と3日目に立会い,大工さんと細かな寸法を調整しながら見届けました.

まずは外周に建方用の足場が設けられ,
土台・大引きを据付け,その間に断熱材となる
ポリスチレンの断熱材をはめ込んでいきます.

今回は1階床は28mmの構造用合板を貼っています.
その後,1階柱→2階床梁→2階柱→小屋組と骨を組んでいきます.
まだ面材が張られていないこの状態ですが,建物の形状が現れました.
模型やCGで確認していましたが,やはり本物の建物は迫力があります.  

大工さん曰く,この状態でこんなに揺れが感じられない建物は珍しいとのこと.
今回は通常木造では行わない構造計算を行っているので改めてその効果を実感しました.
もちろん構造設計費用はかかりますが,地震に対する安心感が得られると考えれば,
それほど高い費用ではありません.

CATEGORY
「こんなイメージを考えていますが、コストの目安が知りたい」
「斜面地での計画、擁壁のコストを抑えながら建築したい」
「鉄骨造や鉄筋コンクリート造での建築は可能でしょうか?」など、
何でも気軽にご相談ください。