66uのフラットハウス(マンション住戸の改修)


3LDKの一般的なマンション住戸の仕上げ・間仕切壁・設備を全撤去し,

平屋建ての一戸建て住宅のような広がりのある住戸に仕上げました.


狭いながらも最大限の広がりを感じられるように,

住戸内の端から端まで視線が届く場所をいくつも用意しました.

部屋の出入口をガラス戸にしたり,間仕切りにスリットガラスを設けることで,

扉を閉じた状態でも,視線が通り抜けるようにしています.


収納や家具を壁や建具と同じように造り込むことで室内の風景をシンプルにまとめ,

豊富な収納量を確保することで,ものがあふれることで狭さが強調されることを防いでいます.

ものとして精緻に作り込まれた造りつけの本棚やカウンターなどは,

長年使用していく上での耐久性と美しさを備え,

同時に,視線を遮ったり,導いたりする効果をもたらします.


日常なかで,住戸内のさまざまな場所で,さまざまな生活の場面と場面がつながり,

狭いながらも家族一人一人が活き活きと暮らせる住まいとなっています.




所在地:大阪府大阪市

家族構成:夫婦+子供2人

工事内容:3LDKのマンション住戸のスケルトン改修

構造:SRC造 12階建の5階部分

延床面積:約66u


内部仕上げ

床:複合無垢フローリング OF塗装

壁:EP塗装,一部着色モルタル金こて押え

天井:EP塗装,一部既存梁型現し


その他

冷暖房:ヒートポンプエアコン

換気:第三種換気

給湯:ガス給湯器